北欧生まれのニュースポーツ”ノルディックウォーキング”を茨城県水戸地区で普及するために活動しています。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
2014年08月19日 (火) | 編集 |
DSCN3444_400.jpg
8月度第1回千波湖定期NWの報告です。盆休みウィークの初日ということもあり、若干参加者数は16名と少なめでしたが、暑さをものともせずお集まりいただきありがとうございます。

今回は初参加の方がいらっしゃらなかったので、ウォーミングアップのあとはワンポイントだけ、肘を曲げないで前方に伸ばしてポールを突くこと、その時のポールの角度について簡単に講習させていただきました。
さて、講習の結果は千波湖周回に生かされましたでしょうか?(笑)
千波湖周回スタートです。
DSCN3445_400.jpg
DSCN3446_400.jpg
DSCN3447_400.jpg
DSCN3448_400.jpg
DSCN3449_400.jpg
DSCN3450_400.jpg
DSCN3451_400.jpg
DSCN3452_400.jpg
DSCN3453_400.jpg
DSCN3454_400.jpg
DSCN3455_400.jpg
DSCN3456_400.jpg
DSCN3457_400.jpg
皆さん、しっかり肘を伸ばして肩を支点に動かすことを意識して下さってますね~!
カメラを構えているから意識したというのもあると思いますが、そうすることで二の腕に効きますからね!!(笑)

さて、中間地点での給水休憩のあとは、恒例のバックショットです。先日ALを撮られたFさんの愛犬がリュックの中で皆さんの動きをしっかりチェックしてますよ!(爆)
DSCN3458_400.jpg
DSCN3459_400.jpg
DSCN3460_400.jpg
DSCN3461_400.jpg
DSCN3462_400.jpg
DSCN3463_400.jpg
DSCN3464_400.jpg
DSCN3465_400.jpg
DSCN3466_400.jpg
DSCN3467_400.jpg
今回の写真ではいまいちお伝えできませんでしたが、皆さんしっかり身体の後ろまでポールを押して肩胛骨まで動かすことを意識して下さってます。その意識をしっかり持って歩いていただけば、すぐにNWの引き締め効果が表れると思いますよ!!

周回後スタート地点に戻り、これからクールダウンをして解散となりますが、なぜだか皆さん、ゴールしてからクールダウンまでの間に色々と情報交換をされています。
それはそれで、楽しい一時なのでしょうね!?
DSCN3468_400.jpg
DSCN3469_400.jpg
今回はリピーターさんばかりでしたので、クールダウンまで含めて1時間半の行程でした。それでも、インストラクターの私はTシャツの色が変わるほどの大汗をかいてしまいました・・・(汗)
クールダウンは、ALをお持ちの方々に1種類ずつストレッチを主導していただきました。11月にはBI講座を予定していますので、しっかり実績を積んでいただければと考えています。

次回は8月23日(土)となります。
今回と同じく朝8時からのスタートになります。残暑が厳しいことが予想されます。水分を忘れずにお持ちいただくのと、紫外線対策をしっかりしてお集まり願います。
皆さんのご参加をお待ちしております。

スポンサーサイト


2014年03月18日 (火) | 編集 |
DSCN2788_400.jpg
3月度第1回千波湖定期NW体験会の報告です。
梅まつりも満開の時期を迎え、たくさんのお客さんに見守られながらの体験会となりました。今回の参加者はスタッフも含め23名。気温の変化が激しくインフルエンザの流行などもあり、キャンセルが相次ぎましたので仕方ないところですね。スタッフの数から考えると適正な人数だったかも知れません。
それでも20名以上の大所帯ともなりますと観梅客の目も引くようで、ストレッチをしているとその周りで動きをまねている人や、「あぁ、あれがノルディックウォーキングってやつかぁ!?」などと話をしながら通り過ぎて行く方がたくさんいました。少しずつですが、ノルディックウォーキングの知名度が上がってきているのを実感しました。

DSCN2784_400.jpg
DSCN2785_400.jpg
DSCN2786_400.jpg
今回もウォーミングアップのストレッチはわざわざ栃木から駆けつけて下さっているALのSさんにお願いしました。
もう私に無茶振りされると読まれていたようで、しっかり進め方を予習してきて下さったそうです。
声も大きく分かりやすいリードで、もしかしたら私より上手かも?負けてられませんね!(汗)

ウォーミングアップ後、今回も3名ほどの初参加の方がいらっしゃいましたので、導入講習を行いました。導入講習を行っていて最近感じるのは、ノルディックウォーキングのイメージをすでにしっかり頭に入れて参加して下さる方が多いことです。なので、多少10ステップを端折って講習しても、しっかり歩き方を理解して下さる方が増えています。
それだけ、ノルディックウォーキングの知名度が上がったってことなのでしょうね?
逆に、体験会などの講習を経験されずに自己流で歩いている方を体験会の最中などにも見かけますが、こちらは「なんか違うんだけどなぁ・・・」と感じてしまうことが多いです。
それぞれの楽しみ方でかまわないのですが、どうせなら効果的な歩き方をマスターしてもらいたいですね。
DSCN2789_400.jpg
DSCN2790_400.jpg
DSCN2791_400.jpg
DSCN2792_400.jpg
DSCN2793_400.jpg
DSCN2794_400.jpg
DSCN2795_400.jpg
DSCN2796_400.jpg
DSCN2797_400.jpg
DSCN2798_400.jpg
DSCN2799_400.jpg
DSCN2800_400.jpg
DSCN2801_400.jpg
初参加のTさん。ペースはゆっくりでしたが楽しく歩いて下さったそうで、「楽しい」と言って下さいました。こういう感想がいただけると、本当にうれしくなります。

この日、気温はあまり上がりませんでしたが、春を感じさせる温かな日射しの良い天気で、みなさん楽しそうに歩いていました。
管理人は花粉症で鼻が詰まって、話をするのもやっとでつらかったですけど・・・(笑)

千波大橋のたもとの中間地点でしばし水分補給と井戸端会議(?)の休憩。ついついノルディックウォーキング談義に花が咲き、再スタートが遅れることもしばしば。でも、こういう時間も大切ですよね?
そして後半戦は千波湖周回で唯一のアップダウンのあるところで撮影。ポールで押すことで上り坂も楽に上がれることをお伝えしたいのですが、勾配も距離もたりないかなぁ~?
DSCN2802_400.jpg
DSCN2803_400.jpg
DSCN2804_400.jpg
DSCN2805_400.jpg
DSCN2806_400.jpg
DSCN2807_400.jpg
DSCN2808_400.jpg
DSCN2809_400.jpg
DSCN2810_400.jpg
DSCN2811_400.jpg
DSCN2812_400.jpg
DSCN2813_400.jpg

クールダウンのストレッチはスタッフBIのMさんが担当。
Sさんと切磋琢磨してMさんもリードが上達してきましたよね!?
DSCN2814_400.jpg
DSCN2815_400.jpg
DSCN2816_400.jpg
DSCN2817_400.jpg

次回は3月22日(土)10:00~となります。
梅まつり期間中であり、3連休の中日でもあるため、駐車場事情が大変悪化することが予想されます。時間に余裕を持ってお集まり下さい。
また、集合場所がイベントなどによりウォーミングアップ等に適さない場合もございます。その際は実施可能な場所に移動してウォーミングアップ等を行う場合もありますのでご了承願います。


2013年11月19日 (火) | 編集 |
11月9日は千波湖定期NWの日だったのですが、NW水戸の活動にも理解をいただきレンタルポールを貸与して下さっているナイト工芸さんとの関わりや、静岡で活動されている先輩インストラクターの前澤さんが国際ブローライフル協会の事務局を勤めることになったことなどの関係で、千波湖NWはスタッフのMさんにお任せして御殿場で行われたブローライフルの指導者講習会に参加してきました。

水戸からの移動中首都高で大渋滞にはまり、真後ろで玉突き事故が起きるなど、道中不安を感じつつも無事御殿場まで到着することができました。(汗)
DSC_2647_400.jpg

ブローライフルとは、昔からある「スポーツ吹き矢」と同じようなものですが、スポーツ吹き矢は風邪の影響をもろに受けることで室内で行うのが基本であり、また矢が刺さるような的を用意しなければならないこと、「矢が刺さる」ので、競技スペースや人的配置に細心の注意を払う必要性があるのに対し、ブローライフルは屋外でも競技可能なこと、射出されたブローボールの威力はかなりのもので当たれば非常に痛いですが、矢のように刺さる危険性は低いことから、より安全に屋外でも楽しめるのが売りです。

DSC_2649_400.jpg
DSC_2650_400.jpg
DSC_2652_400.jpg

我が師匠もブローライフルの普及に一役買っており、今回の講習でも講師を勤められました。
DSC_2654_400.jpg

DSC_2658_400.jpg
こんなアルミのパイプとプラスティック製の弾を使います。屋外用の弾はトウモロコシを材料とする自然に還元される素材を使い、直進性を高める羽も付いています。

座学の後は屋内でまず体験しました。
DSC_2662_400.jpg
DSC_2664_400.jpg
DSC_2667_400.jpg
DSC_2672_400.jpg

休憩を挟んで屋外での体験も行いました。
DSC_0289_400.jpg
まずは6m、12m、18mの距離に置かれた的に向かい、あけられた穴に入れるアキュラシー競技。
DSC_0290_400.jpg
6mは比較的簡単に入り、弾の勢い次第では段ボールを貫通します。
DSC_2678_400.jpg
立位だけでなく、このような座った姿勢からや伏せた姿勢からの射撃も試してみました。
DSC_2683_400.jpg
どれだけ遠くまで飛ばすかのディスタンス競技も試してみました。角度と吹き出す勢いがマッチすると50m以上飛びます!
DSC_2686_400.jpg

吹き矢と同様に瞬間的に息を強く吐き出すことが求められるので、やってみると結構体力を要します。また、一気に息を吐くという行為は普段の生活の中ではほとんど無いため、心肺機能の向上にも役立ちます。
ブローライフルというスポーツ自体を普及していくのは今回指導者講習を受けた我々の一大使命となりますが、競技性の低いノルディックウォーキングと組み合わせてバイアスロン的競技を行うような、コラボレーションも期待されています。
NWに比べてもまだまだ知名度の低いスポーツですが、千波湖NWの後などに興味のある方には体験してもらおうと、ブローパイプを注文してきましたので、届きましたら皆さんにもお披露目したいと思います。

NWと合わせてブローライフルにも興味を持っていただけたら幸いです。