北欧生まれのニュースポーツ”ノルディックウォーキング”を茨城県水戸地区で普及するために活動しています。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年08月26日 (日) | 編集 |
DSC04529_400.jpg

残暑が厳しい中、今回も初参加6名を含む9名の方にお集まりいただきました。(集合写真は残念ながら2名ほど抜けておりますが・・・)
週のはじめに地元紙に記事を掲載してもらったこともあり、たくさん問い合わせもいただきました。
間もなくスポーツの秋。来月にはもっと多くの方にノルディックウォーキングの良さをお伝えできることを願っております。

皆さんにお集まりいただき、NWのうんちく(?)を語り始めたところで、ポールをお持ちのHさんが颯爽と登場!
「飛び入り参加しても良いですか?」とおっしゃるので二つ返事でOKさせていただきました。
話を聞くとなんと、私なんかよりずっと先輩のインストラクターでいらっしゃいました!
今後も時間が合えばお手伝いいただけるとのこと、大変ありがたいです。

黄門像前の芝生でストレッチ&10ステップの講習をした後は、湖畔の周回路で実歩します。
DSC04515_400.jpg
Oさん、Mさん、前回に引き続きご参加ありがとうございます。お2人とも2回目とは思えないほど上達されましたね。

DSC04516_400.jpg
その後ろのSさんの奥様、初挑戦とのことでしたが、飲み込みが早いですね。リピーターのお2人と一緒に颯爽と歩かれていました。

DSC04517_400.jpg
同じく初参加のKさん、とても積極的に歩かれていました。NWの効果は感じていただけましたか?

DSC04518_400.jpg
Sさんの旦那様、どちらかと言えば奥様の方が積極的で、お付き合いの要素が強かったようですが、歩かれてみていかがでしたか?

DSC04519_400.jpg
飛び入りでお手伝いいただきましたBIのHさん。冬はクロカンスキーの指導もされてるそうで、さすが力強い歩きです。参考にさせていただきます。

DSC04520_400.jpg
これまた初参加のKoさん、他の方達の歩く速さにビックリされていましたが、ちょっと練習すれば、すぐ同じように歩けるようになりますよ。

DSC04522_400.jpg
リピーターのAさんと初参加のSbさん。Sbさんはお年を召してらっしゃいますが「歩きたい」という意欲がとてもお強いようですね。その意気込み、素晴らしいと思います。


中間地点で小休止とワンポイントレッスンのあとは後半戦スタート!
DSC04523_400.jpg
アドバイスを受けて、Oさん、Mさんともにさらにレベルアップしましたね!
Oさん、悩んでいた点は解消できましたでしょうか?写真から踵着地がしっかりできているのが伝わってきます。

DSC04524_400.jpg
Sさんの奥様、あまり細かくアドバイスできないでしまいましたが、きちんと歩けていらっしゃいますので、継続していただくとすぐに上達してNWの効果を感じてもらえると思います。

DSC04525_400.jpg
Sさんの旦那様。お疲れでしょうが、もう少しでゴールです。

DSC04526_400.jpg
Hさんの力強い歩き。皆さん、これが理想型ですよ~!

DSC04527_400.jpg
Kさんも初めてとは思えない素晴らしい歩きです。

DSC04528_400.jpg
Koさん、手と足が同時に出てしまうと悩んでましたが、すぐに慣れます。間を空けないで挑戦して下さい。

ここでSbさんとAさんを残して本隊はストレッチして解散となりました。
管理人はレンタルポールなどをクルマにしまってからSbさんをお迎えに上がりました。
DSC04530_400.jpg
後半のルートは日陰が少ないので、途中から折り返しのルートに変更していただきました。
連続して距離を歩くのはちょっと難しいようなので、NWのキモである推進力を生むポールの使い方ではなく、ポールウォーキングの要領で前方にポールを突き、若干ポールに頼って歩く方法を提案させていただきました。
転倒防止や運動の継続のためには、いわゆるNWのメソッドにこだわらないことも必要ですね。

参加していただいた方から「NWはテレビ等で見たことあったけど、水戸で教えてくれるところないか探していたんだ」というお声を複数いただきました。
興味を持って下さっている方は潜在的にまだまだいらっしゃいそうですね!?
そんな方達にNWの良さをお伝えしていきたいと言うのが私の強い願いなのですが、今回のように参加者の体力差が非常に大きい場合、インストラクターが1名のみでは回しきれないことを感じました。

自分も健康になりたいけど、イベントの手伝いもしてみたい、ゆくゆくはインストラクター資格も取ってみたいと思う方、是非お手伝いをお願いします。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。