北欧生まれのニュースポーツ”ノルディックウォーキング”を茨城県水戸地区で普及するために活動しています。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年07月11日 (水) | 編集 |
ノルディックウォーキング(NW)を行うには、ポールさえあればいつでもどこでもできます!
専用のポールが無くったってスキーのストックでも、適当な長さの棒っきれ(?)でもできないことはないです。
息子を連れてゴルフのコースをラウンドした時、息子がアイアンを2本両手に持ち
「ノルディックウォーキング~!」
とふざけて歩いていたのですが、まねしてみたらそれなりに近い動きができました
とは言え、専用の道具があればより効果が高まるのも事実。
ここでは、管理人の使用している道具類について、紹介してみます。

<ポール>
DSCN0580-1_640.jpg
LEKI プレステージ ライト
初めてNWを体験してすぐに、師匠であるナショナルコーチを通じて2本購入したのがこちら。
初心者向けのアルミ製で細めのシャフトなのでどちらかと言えば女性向けです。もちろん男性でもつかえないことはありません。今は主にレンタル用に使っています。

DSCN0578-1_640.jpg
LEKI トラベラーカーボン
フルカーボン製の3段伸縮モデル。
プレステージライトではすぐに物足りなくなり、電車やバスで東京などのイベントに参加することも考えて購入。
夜間のウォーキング時の視認性を考えて再帰反射テープを巻き付けてあります。
伸縮タイプのフラッグシップだけあって、使い心地は良いです。フルカーボンの割に結構重いですが。

DSCN0577-1_640.jpg
naito インターナショナル(JNWOオリジナルモデル)
国産ポールメーカー「ナイト工芸」のフルカーボンモデル。こちらも再帰反射テープが付けてあります。
軽くて剛性もしっかりしていて、使いやすいです。
ナイト工芸さんにはレンタル用のポールをお貸しいただいておりますので、敬意を込めて地元の体験会等ではこちらをメインとして使っていきます。

<シューズ>
NWの盛んなヨーロッパではNW専用のシューズも販売されている(ASICS製らしい)そうですが、運動できる靴であれば、ランニングシューズでもウォーキングシューズでもかまわないと思います。
かかとからつま先への重心移動を意識し、ただ歩くよりも歩幅が広がりますので、ソールがしっかりしたもののほうがベターだとは思います。かかとへのインパクトが強くなりますから、マラソン上級者用のシューズやベアフットラン用のシューズはおすすめできません。
MBTやEASY TONEのようなトーニングシューズは相乗効果があるのではないかと思いますが、捻挫の可能性もありますので、初心者がトーニングシューズでNWするのはやめた方が良いかも知れません。
管理人は主に、トレイルランニング用のシューズを使用しています。
DSCN0579_640.jpg
GARMONT エスケープ9.81GTX
LEKI製ポールの輸入代理店である(株)キャラバンがNWにおすすめのシューズとしてカタログに載せていたので購入しましたが、今はラインナップから落ちています。
もしNW用にシューズを買われるのであれば、トレラン用のシューズを選べば間違いはないと思います。

次回は服装や小物類について書いてみようと思います。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。