北欧生まれのニュースポーツ”ノルディックウォーキング”を茨城県水戸地区で普及するために活動しています。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
2012年07月11日 (水) | 編集 |
<サングラス>
ノルディックウォーキングに慣れてくると、5~6Km程度なら平気で歩けるようになります。イベントともなると20km歩いたなんてことも!
そうなると、長時間紫外線にさらされることになりますので、目を守る必要性が出てきます。
愛好者の年齢層が高めなのもありますし、肌だけでなく目の紫外線対策も大事ですね。
管理人は元々サングラスオタクなのもあって、OAKLEYのサングラスを複数所有しています。主にノルディックウォーキングの時に使っているのがこちら
opmak8-img600x381-1305242955xgv3ei66102.jpg
OAKLEY HalfJacket
今はモデルチェンジしてHalfJacket2.0というモデルが現行品です。
こちらのサングラスに、体験会の講師を務める時はチタニウムクリアのレンズを取り付けて使用しています。色が薄いレンズを使うのは、「目が受講者から見えるように」という師匠の教えです。
色の濃いレンズやミラーコートされたレンズで威圧感を出さないようにするための配慮ですね!?
確かに私のようなコワモテのおっさんが目を隠すようなサングラスをしていたら、参加しようとしてくれた人に素通りされてしまうかも知れません!(笑)

単独もしくは気心の知れた仲間と歩く時や、自分が参加者の立場の時は、Black Irijium Polarizedのレンズに付け替えたり、同じOAKLEYのJulietなどを使っています。

デザインの好みやかけ心地などは人それぞれなので、有名どころのメーカーのものであればどこを選んでも間違いないと思いますが、ノーブランドの激安サングラスなどはUVカットがちゃんとされていなかったり、レンズが歪んでいたりしますので、ご注意を!

<水分補給とサプリメント類>
真冬でもノルディックウォーキングで20分も歩くとかなりの汗をかきます。私はさらにサウナスーツなどを着込んでわざと発汗を促すこともありますが・・・。
汗をかいたら水分補給は必須です。夏場などは水分補給が遅れると熱中症にあっという間になってしまいますから、前にも書いたリュックやウェストバッグには必ず水分を入れて持ち歩くようにしましょう。
管理人は運動中の栄養補給と疲労回復に良いとされるアミノバリューなどを好んで飲んでいます。
さらに、発汗を促すためにアミノバイタルカプシなどのサプリメント類を摂取することもあります。ヴァームアミノバイタルなどのゼリー飲料も気軽に栄養分を補給できて、持続力や回復力を高めてくれるらしいので、積極的に摂取した方が良いと言われています。
何がどう効くかは、それぞれのメーカーさんのHPで確認していただくとして、適宜水分と栄養分は補給しましょうというお話でした。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック