北欧生まれのニュースポーツ”ノルディックウォーキング”を茨城県水戸地区で普及するために活動しています。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年02月01日 (土) | 編集 |
このブログを始めたばかりの頃、ノルディックウォーキングの効果や歴史などの他に、ノルディックウォーキングに合った用具についての記事も書かせていただきました。
その中で靴について、基本トレイルランニングシューズやライトトレッキングシューズ(ローカット)が合っていて、自分も履いていると紹介させていただきました。

体験会を運営していますと、参加者からよく「靴はどんなのが合うんですか?」とご質問いただくことがあります。その際はブログでも紹介したとおり、
1.ポールで推進力が加わり、普通のウォーキングより歩幅が広がること。
2.歩幅が広がることで、着地の際の踵への衝撃力がアップすること。
3.効果的な歩き方のために、踵から着地して足裏を抜けてつま先で蹴り出すという足裏のローリングが必要であること。

などの話しをさせていただき、ランニングシューズなら上級者向けでない踵のクッション性が高いもの、ウォーキングシューズやトレイルランニングシューズ、ライトトレッキングシューズなら、それらの条件をクリアしていることなどをお伝えしています。
最近ではアシックスや月星、アサヒ製靴などから「ノルディックウォーキング専用シューズ」も出ているようですね。

前置きが長くなりましたが、アウトドアシューズメーカーのTevaからTevasphere Rallyという新しいトレイルシューズが発売され、その機能がノルディックウォーキングにマッチしています。
teva20rally.jpg

発売を記念して、TEVASPHERE AMBASSADORという名称でのモニター募集を行っていたのをFacebookで見付けたので、「ノルディックウォーキングの普及活動をしていて、機能を検証してみたいからモニターさせて欲しい。」という旨をメールにて応募したところ、選んでいただくことが出来ました。
1533867_10151917762614891_1997824867_n.jpg

TEVASPHEREアンバサダーに選んでいただき、届いたシューズがこちら
DSC_0243.jpg

早速ホームグラウンドの千波湖で仕事帰りにノルディックウォーキングする際に履いてみました。
DSC_0244.jpg

「球体ヒール」と銘打っていますが、ソールが全体的に船底型になってるのが分かりますでしょうか?MBTほどではないですが、履いて歩くと踵着地~つま先へのローリングがスムーズに出来る感じがします。
DSC_0246.jpg

その機能の説明がこちら
TevaSphere_technology_popup_final.jpg

初めて履いたのでなじんでないこともあるのでしょう、土踏まず外側の収まりが悪い気がしましたが、少し履き込んでみないと足型との相性は分かりませんね。
体験会でも使用してみたいと思いますので、気になる方は感想の質問などして下さいね。

#teva #テバ #テバファン
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。